胃がんの初期症状は血液検査で判断

ABC検査とは

ABC検査は血液検査をして、2つの検査を調べることを言います。

 

1 ペプシノゲン検査

採血した血液中の成分の中にある消化酵素ペプシノゲンの濃度を測定します。

濃度が一定量よりも薄い場合は胃の粘膜脂肪に異変が起きている可能性が

高くなります。だと

2 ヘリコバクター・ピロリ抗体検査

ABC検査のメリットは

一般に胃の検査というと白くてまずい液体を飲まないといけない

バリウム検査(上部消化管造影検査)をイメージしてしまいがち

なのです。胃カメラを飲むとか、まずい白いバリウムを飲まされるとか

言うのは大の苦手という方はかなり多いと思います。そんな方々にピッタリの

検査方法があります。

それはABC検査と呼ばれています。血液をほんの僅か数cc採るだけで




ABC検査のメリットというと

1 バリウムや胃カメラを飲むことがなく簡単に検査ができること

2 血液検査だけでもバリウム検査以上の精度があること。

3  病院に行かなくても自宅で自分だけでも胃がんのリスクをチェックすることが出来る。

4 A,B,Cのパターン別に現在のあなたの胃がんのリスクをチェックすることが

できる血液検査キットがある。

胃がんのリスクをチェックできる検査キットについてはこちら
 

 

 




 

今までのバリウム検査のデメリット

1 発泡剤(白い液体)がまずくて飲めない
2 口が白くなり汚れる。
3 げっぷが出るし、我慢しろというのが矛盾
4 検査台であちこちと向きを変えられるのがつらい。
5 検査後にバリウムのせいで胃腸が不調になるし、便秘する。

ABC検査とは

バリウムや胃カメラを飲むのが気持ち悪くなるから嫌いというお方には

ぜひお勧めの検査法なのですが、このABC検査はほんの少しだけ血液を

採るだけで貴方が胃がんにかかりやすい状態なのかどうかを判断して

くれるのです。判断結果は次のようにA,B,Cと言うように報告されます。

 

 

[ABC判定結果]