大腸がんでAIの機能を発揮

国立がん研究センターと日本電気(株)NECは人工知能(AI)を
採用して内視鏡検査でリアルタイムに癌やポリープなどの病変を

発見できるシステムの開発に成功した。大腸がんに進行するであろう
大腸腫瘍性ポリープは今までは医師の肉眼でしか見つけれなかったが

病変が小さい場合は医師が見逃してしまう場合も実際ありました。




過去の5000例もの画像をコンピュータに学習させておくと新たに

患者さんの画像を自動的に解析して病変を98%の高い確率で検知
出来ることに成功した。

この技術は高度な画像処理装置(GPU:Graphics Processing Unit)を
採用しているからで人間の肉眼よりも遥かに正確に病変を検知する

高性能な機能で大腸腫瘍性ポリープの小さくて認識しにくい部分も
瞬時にリアルタイムで見つけてくれる。

今後はさらに肉眼では見つけにくい陥凹型の癌を認識させるために
さらに精度を高めるように多くの画像をAIに学習させて4年後の

実用化を目標に技術を磨いていく。

AI内視鏡検査のメリットは

最悪のケースを回避できる

今までは医師の肉眼だけが頼りで小さな病変だと見逃してしまう
医師も現実にいてせっかく検診を受けたのに癌の発見が遅れて

治療にかかるのが遅れてしまうことや最悪は手の施しようがないと
医師に見捨てられてしまうことも起きていたに違いない。




ただ、それは医療ミスというものではなくて医師の最善を
尽くした結果として人間の肉眼では限界があることは避けられない
事実として受け止めなければならない。

それがAI内視鏡検査をすれば今まで見逃されていた微細な病変も

98%という精度で確実にリアルタイムに検知出来るので今後の
がんの撲滅に大いに期待が出来る。

医師の負担が軽減され、胃がんにも使える

今までは医師が肉眼でカメラを見ながら探し出すという方法だったから
小さな病変はカメラが映し出していても医師が見逃してしまうことも

現実起きている。医師の責任はとても大きくて必死で画像を見て
発見しなければならず、負担もかかるし内視鏡医が少ないのもあった。

 

引用元:http://jpn.nec.com/press/201707/20170710_01.html

AI内視鏡をつかえばこのような初期のがんや異変を見逃すことなく確実に検知できるのです。

 

近い将来、このAI内視鏡検査が実用化できれば経験の浅い内視鏡医でも自分の肉眼で確認できたものとAI内視鏡が捉える病変を続いて観察していけば医師の技術の向上にもつながるので患者さんにとっても医師にとっても恩恵があるということでますます実用化が待たれるようだが今のところ実用化には

あと、4年くらいは必要のようだ。現在は大腸がんの内視鏡検査を主体に検討されているが、AI内視鏡は胃がんや食道がんなど他の消化器系のがんの撲滅に大いに期待できる。