胃がんを治す優しい食べ方は

胃にダメージを受けているときの食べ方はというと、やはり
胃に負担をかけないようにするかということですね。

胃に優しい食べ方とは

1 ゆっくり30回噛む

食物が胃に入る前に私たちは最初に食べものをお口に入れます。
胃に負担をかけないようにするには、ゆっくりとよく噛んで

咀嚼回数を元気なときよりも増やすことです。
目安は一口入れたら30回噛みましょう。

そしてゆっくりとそして唾液には酵素が含まれているので口の中に
いる時に消化を助けているのです。

2 量は少なめで回数を増やそう

胃をいたわるためには量を小分けにして食べる回数を増やすことです。




一度に今まで通りの量を食べたら大変です。胃に重荷をかせているのと
同じなんです。最初は少なめにして徐々に本人のペースで気持ち悪く

ならないようにコントロールしていかないといけませんね。

胃がんの方にお勧めの食事は

胃がんの方の再発や転移予防にぜひ、食べておいておきたいものを
紹介していきます。

特に食べて欲しい栄養素はビタミンB群、ビタミンE、抗酸化物質です。

<ビタミンB群>

ビタミンB群とはビタミンB1,B2,B6,B12と。
あとは、葉酸、ピオチン、ナイアシン、パントテン酸の総称です。

食品でいうと、

肉類で特にレバーを食べると良いです。
あとは魚、エビ、貝、など魚介類に大豆製品、玉子

緑黄色野菜 キャベツ、ピーマン、ほうれん草、トマト
ネギ、パプリカ、にんじん、ブロッコリーなど

 

胃に優しい肉団子あんかけ

<ビタミンE>

ビタミンEのすごいところは発がんを抑制してくれることです。

魚、レバー、干し椎茸、きくらげを食べると良いです。

 

<抗酸化物質>

強力な抗酸化作用があるのがポリフェエノールで血液中のポリフェエノールの
濃度が高いほど胃がんになるリスクが低くなるという研究結果が報告されています。

ポリフェノールが多く含まれる食品はワイン、紅茶、緑茶や、
すももやワイン、カカオ豆や大豆

 

 

胃がんの人が食べてはいけないもの

手術したあとの胃はとても衰えているので消化のよいものを
選んで消化に時間のかかるものは避けたほうが良いですね。

 

繊維の多いもの

例えば繊維が多いと言われるレンコンやごぼうですが
胃の粘膜が弱っている時は絶対に食べないほうが良いです。

消化に時間がかかるし、まだ、胃液も充分分泌されないと消化しきれずに胃に長時間食物が残っていると胃もたれで気持ちが悪くなるといけません。

 

刺激物

唐辛子やわさびなどの香辛料は荒れている胃の粘膜に触れると激痛が起きたりするので、たべてはいけません。

カレーライスもカレー粉が胃に痛みや不快な思いをするので絶対避けたほうが良いです。

炭酸

炭酸飲料は胃の粘膜に刺激を与えるのでよくありません。
もちろん、ビールやお酒類も我慢です。げっぷが頻繁に起きるのも胃に負担がかかりよくありません。

 


 

まとめ

 

胃に優しい食べ方は