マイクロrnaとは

マイクロrnaとは遺伝子の役割や働き方を決める微小な物質で人間には
2588種類もマイクロrnaが発見されているがそのうちの500種類が血液中に存在している。

がん細胞と正常な細胞とではマイクロrnaの種類や異なっているのでそこに注目したということです。

国立がん研究センターの研究グループが主になってたった1滴の血液から13種類のがんが発見できる画期的な他に類がない新しい検査方法です。
、あらゆるがんの早期発見と完治に大いに貢献できる検査方法なので日本人のがん死亡者を激減させることが可能です。
、高額な
医療費の削減にも大いに貢献できるとして3年以内の実用化が望まれている。

世界でも見つけられていないがん治療になるのは間違いない。




マイクロrnaで胃がん検査の実用化はいつ?

マイクロrnaは正常な細胞とがん細胞とでは種類が違うことから
血液を採取してチップと呼ばれるものにふりかけてある試薬と反応させる。

それを専門の検査機器で解析すると初期のがんでも発見することが出来るのです。
国立がん研究センターでは2014年から国から80億円の研究費を投入していて
現段階ではがん細胞が増殖する時に血管を作るのだがその時に特有のマイクロrnaを分泌していることを突き止めた。

がん患者と正常な高齢者から集めた4万人の血液からマイクロrnaの分泌しているパターンが乳がん、大腸がん、膵臓がん、胆道、食道、胃、肝臓、卵

巣、肺、膀胱、前立腺、などのがんや脳腫瘍の中の神経膠腫、骨軟部腫瘍の
各パターンをすべてを発見したのです。

それもわずか血液1滴で13種類のがんのステージ1から瞬時にわかってしまうので今までのがんの進行を気が付かずに命を落とすこともなくなるはず。

現在乳がんは5つのマイクロrnaを調べれば97%の正確さで解析ができる。
他のがんでも95%の精度でがんの有無を確認できるようになっている。

 

 





マイクロrnaで検査のできる病院と検査費用は

今まで血液中の腫瘍マーカーを調べる方法もあるががんが死滅するときのタンパク質を測定する方法なのである程度進行してからでないと見つけられないのが何店だが、このマイクロrnaは簡単で血液1滴からステージ1のがんが13種類もわかるので素晴らしいのだ。

また費用も1回20000円で低こすとであるし、13種類のがんについて検査ができてしまうのがスゴイ所なのです。

将来、がん検診も13種類のがんについて1回の採血で出来る日がまもなくやっってきるでしょう。

 

臨床研究では新たにがんと診断された患者と健康な人、合わせて3000人以上に血液を提供してもらい、
それぞれのマイクロRNAの種類や量を測定することで、将来いつから病院で検査が受けれるようになるのかはこれからの臨床試験を何度も繰り返していく上で明らかになるはずです。

 

3年後には大きな大学病院などでマイクロrna検査が受けれるようになるはずです。

 

 

 

まとめ