放射線ホルミシス効果とは

多量の放射線は人体に有害であるのに適度な量ならば
人体に有益な結果が得られることをホルミシス効果と言われている。

例えば紫外線は身体には有害だと言われているが確かに多量の
紫外線を長期間浴びると皮膚がんになると言われています。




しかし、身体のなかでビタミンDを作るためには適度な日光浴が
必要で、これが不足すると「かっけ」と言う「くる病」になります。

このように大量に浴びると危険また、死亡する放射能も適量を
身体に加えることで非常に良い結果をもたらすことがわかっています。

これを放射線ホルミシス効果と言います。



玉川温泉のラドン効果はガン治療を完治につなげるか

>>玉川温泉の岩盤浴<<

玉川温泉は源泉が毎分9000リットルで日本一のお湯の量です。
また、吹き出す温度は98度で強酸でPH1

玉川温泉では岩盤浴が定番ですがそれは岩盤から出てくる僅かな
放射線でラジウムという鉱石からラドンという放射線を出します。

普通にお湯に浸かるよりも岩盤から出てくる放射線のホルミシス効果を
を利用するには岩盤浴が一番良いのですね。

岩盤に茣蓙を敷いて寝転がるとポカポカと身体を熱くしてくれるので
ものすごく汗を掻きます。それはもうサウナ以上なんです。




発汗と共に体内の老廃物を体外に放出する体毒排泄作用で
体内の毒素、がん細胞の活動も抑えます。

>>岩盤浴の目的<<

温泉に行くと岩盤浴をする格好は袋を肩にかけてゴザを抱えた人たち
が目につきますが一番症状のひどい人は「大噴」という源泉の湧く

近くで寝ている人たちはラジウムの放射が高濃度のところを好んでいるので
肺がんのステージ3や4の人が多いそうです。

玉川温泉の岩盤浴の目的というとがんの患者さんが8割以上で観光というより
命がけで病気と戦っている人ばかりなのです。

遠赤外線により、身体を芯から温めて体内の老廃物を出し切る。

ラジウムか出るα線やガンマ線のホルミシス効果で免疫力を向上
させてガンや抗癌剤治療に負けない体力をつける。

(画像)

ラドン温泉のホルミシス効果で胃がんに良い三朝温泉

鳥取県三朝温泉(みささおんせん)のホルミシス効果があるので
胃がんの症状の改善にも非常に良い結果をもたらすことが言えます。

ラドン温泉はα線を放出してからラドンになるのでこのα線を適量
浴びるのがホルミシス効果です。

現在、癌は「DNA 損傷→染色体異常→突然変異→細胞ガン化」

と考えられています。

 

DNA損傷の回数は体内で毎日細胞1個当たり1日数万回から数十万回
放射線を100ミリシーベルト被曝した場合のDNA損傷の数はおよそ200個

という激減する結果が得られたのです。

鳥取県三朝温泉(みささおんせん)は源泉温度が60℃と高温なので
ラジウムがたくさん溶け込んでおり、気化するとラドンになります。

だからラドンガスの状態で吸い込めば肺にラドンが届き、全身の細胞に
にラドンが行き渡り、老廃物を除去してくれるので自然治癒力が向上する。

最高検出ラドン=683マッヘ/kg
また、温泉水を飲むことも一層効果を発揮すると思われます。

三朝温泉は患者が3日目のには元気になって家に帰れるというのが
名前の由来だというから大いに期待できそうですね。

現実にこの地域の方々はがんの死亡率が全国平均の半分以下で
胃がんは4割以下です




さらに禁煙やストレス解消などを
加えれば確実にガン細胞の発生の元を断つことができます。

さらに言えばどんどん笑うことでNK細胞が増えてがん撲滅に
大きな成果が得られることですからさらに効果が得ることが可能です。