逆流性食道炎の初期症状は

逆流性食道炎は、胃液が逆流し、食道の粘膜が胃液によってただれ炎症を起こしたことで起きる病気です。食道に炎症が起きると、食後や夜間、前かがみになったときに胸焼けやげっぷ、稀に背中の痛み、吞酸『どんさん』(苦みを伴う酸っぱい味覚)や胸の辺りに重苦しい感じが生じることがあります。

では、なぜ食道なのに背中に痛みや重苦しい感じが生じるのか、分かりやすく説明します。

まず位置から説明します。食道はみぞおちから喉ぼとけの下に位置しています。胃はみぞおちの左側に位置しています。胃の入り口はみぞおちの辺りに位置しています。

通常食事をすると、口に入り、口のなかで食べ物が顎と歯の力で咀嚼(細かく砕かれて飲み込まれる過程)され、食道を通って胃に到達します。胃に入ったものは通常逆流しないように、食道と胃の間に下

部食道括約筋が存在しているため、食物を飲み込んだ時にのみ開通して、食物を胃に送り込みます。胃に到達した食べ物は、酸性度の強い塩酸(胃酸とも呼ばれています)と消化酵素が含まれる胃液が

分泌され、胃液は食物の中に含まれるタンパク質を分解し、おかゆ程度の固さまで砕かれて、小腸に到達し小腸で吸収されます。

 

胃には酸から粘膜を守る防御機能がありますが、食道にはありません。なので、防御機能の低下や食生活の乱れなどの原因で、胃酸が食道に逆流してしまい、胃酸が食道に逆流すると、食道粘膜は強い酸である胃酸によって炎症を起こします。

さらに胃酸によって活性化されたタンパク質分解酵素が食道の粘膜がただれ、ただれたことで炎症がおきます。この逆流が繰り返し起こると、食道の粘膜にただれや潰瘍が生じ、食後や夜間、前かがみになったときに胸焼けやげっぷ稀に背中の痛み、吞酸(苦みを伴う酸っぱい味覚)や胸の辺りに重苦しい感じが生じます。

 

逆流性食道炎と背中の痛みの原因や場所とは

ではなぜ、背中に重苦しい感じや痛みが起こるのでしょうか。それは、食道の炎症している部位によって異なります。食道の胸部側に炎症があるときは、胸痛や胸やけ、胸部の重苦しい感じがあります。

食道の背中側に炎症があるときは、みぞおちの垂直下の背中側、つまり背中の中央で、両肩甲骨の突起部位の間から手のひら一個分下あたりの部位が、重苦しくなったり、痛くなったりします。特に右側のほうが痛むようです。また、前かがみになったときに食道の炎症部位が圧迫され背中に痛みが起こることもありますが、背中の痛みはまれです。

逆流性食道炎と診断されたら、食生活の改善(油物は控える、辛い物や炭酸水は控える、消化の良いものを摂る、よく噛んで食べるなど)や処方された薬剤を内服することが大切です。また、食後30分は横にならず、座位又は上半身60度以上の挙上が必要です。また、就寝前30分は食事をさけたり、睡眠は上半身を40度程度挙上して入眠することや、禁酒や禁煙などが必要です。背中が痛いと肩こりと思いがちですが、肩こりだけでなく、吞酸やむかつきが、食後や夜間、前かがみのときに見られたら、まず病院を受診し、内視鏡検査を受けると良いかもしれませんね。