胃がんの初期症状を20代女性でチェック!スキルス胃がんの進行速度と特効薬は

胃がん 初期症状 胃がん 食事 胃がんの原因 逆流性食道炎 治し方

20代女性の胃がんの原因と初期症状は

胃がんの初期症状ははじめに胃の粘膜の炎症から始まりますが20代の女性の場合でも
その原因は食べ物、ストレスや加齢、アルコールやタバコなどが

考えられてきました。特に食べ物は最近、女性で激辛料理にハマっている方も
多くなりましたね。これは胃にはかなりヤバイでしょう。

辛いものを食べると胃酸が増えて胃の粘膜に傷をつけてしまいます。

香辛料の刺激が胃にどれだけダメージを与えていることでしょうか。
時には腹痛で救急車で病院に行く人もいるようです。

正常な胃なら何ともないのに胃の内部の粘膜に
炎症がおきると食事が楽しめませんね。

胃の調子が悪いと食欲がなくなって何を食べても胃がむかついたりもたれたリで美味しくもなく、消化も悪いのです。

胃がんの原因には次の項目が挙げられています。
以下のチェックリストであなたはどれくらい条件が当てはまるのか
確認してください。

 

<胃がんの原因セルフチェック項目>

□料理の味付けは塩辛い濃い味が好き、特に激辛料理が好き
□普段、肉食で果物・野菜嫌いなど食生活のバランスが悪い
□現在、ピロリ菌に感染している。

□タバコを毎日吸っている、特にヘビースモーカー
□アルコールを飲む機会が多い
□ストレスが多すぎて疲れている

基本的に規則正しい生活ができてさえいれば胃が炎症を起こすことはありません。

 

生活習慣と食生活の見直しも必要がある人は改善するべきです。

ときには気持ちが悪くなって嘔吐したりもするようですが
早めに検査を受けて早期発見と早期治療が一番完治に良いでしょう。


若い女性に多いスキルス胃がんの進行速度とは

スキルス胃がんの特徴は通常の胃がんと比べると見つかってから
余命が1年以内という速さで進行していくから恐ろしいのです。

胃がん全体の中では10%程度です
ただ、発見が難しく進行が6倍位早いのです。
スキルス胃がん初期症状が自覚できる人が少ないのが
現状です。内視鏡カメラでもX線写真にも見つけにくいのが非常に恐ろしいことで治療を遅らせることになります。

ただ、風邪をひいたような症状がスキルス胃がんの初期症状だとも言われています。

胃カメラにも写りにくいのは胃の粘膜の下部で根を張るように増殖を続けるので見つけたときには重症になってしまっていることが多いのです。

 

腹膜播種(ふくまくはしゅ)やリンパ節転移になる傾向も高いので

普通に癌の部分のみを切除はできないです。


20代からの若い女性に多いスキルス胃がんの初期症状

スキルス胃がんの初期症状

スキルス胃がんの初期は胃がんの場合と変わりがありません

みぞおちの違和感

食欲減退

消化不良

ですので通常の腹痛とか下痢とか胃腸がおかしいと
言っているときと全く同じなのです。気が付かないうちに

どんどん進行してしまっていることが多いのが怖いのです。

日本では年間に1万人が発症し、5年生存率は10%と言われています。

 

その他、みぞおちの痛みを伴う病気は胃がんの他には逆流性食道炎も考えられます。

逆流性食道炎の治し方について専門医の監修付き記事はこちら

スキルス癌で亡くなった有名人

有名人では逸見政孝、小林すすむ、塩沢とき、黒木奈々が
スキルス胃がんでなくなっているのです。

特に最近のことで女子アナの黒木奈々の場合は発見されて1年間で
亡くなっているので進行速度の非常に早いがんだと言うことが

はっきりしていますね。


スキルス胃がんの原因のタンパク質と新薬(特効薬)への期待

 

現在使われている胃がんの抗がん剤

胃がんの抗がん剤についてですが、現在はがん細胞の増殖に関わる遺伝子に的を絞って
がんの増殖を抑える薬「分子標的薬」が使用されています。

現在、胃がんで使用できる分子標的薬は、HER2阻害薬と血管新生阻害薬の2種類です。

 

スキルス胃がんの原因タンパク質ケモカイン「CXCL1」を利用した特効薬

スキルス胃がんの細胞から出されるケモカイン「CXCL1」というタンパク質が
正常な骨髄細胞を集めて癌化させていることを発見しました。

大阪市立大学八代正和准教授の研究グループが発見したのです。

CXCL1/CXCR2が骨髄由来細胞誘導シグナルが元でスキルス胃がんが増殖することが
世界で初めて発見されたのです。

このCXCL1/CXCR2シグナルを標的にした治療薬を現在産学連携で
新薬を開発し、一日も早い臨床試験が望まれています。

まとめ

20代の胃がんの初期症状は粘膜の炎症から始まります

料理の味付けは塩辛い濃い味が好き、特に激辛料理が好き という方は生活習慣と食生活の見直しも必要になります。

内視鏡カメラでもX線写真にも見つけにくいのが非常に恐ろしいことで治療を遅らせることになります。通常の胃がんと比べて6倍位進行速度が速いと

言われている。現在スキルス胃がんの特効薬として研究と開発が進められていることはCXCL1/CXCR2シグナルを標的にした新薬の開発に期待が寄せられています。

将来のスキルス癌の特効薬になる日が今後望まれているのです。

 

コメントを残す

ページの先頭へ