胃潰瘍の原因がアルコールで起こりうる?

胃潰瘍になる人は80%以上がピロリ菌に感染しているということと

よく言われるのが胃潰瘍は神経を使いすぎてストレスが非常に

多い人がなりやすいということです。

胃酸の消化作用が強過ぎてしまうため

胃潰瘍の末期症状

胃潰瘍の末期症状

胃の粘膜を壊して固有筋層と言う深い部分まで潰瘍、つまり、皮膚で言えば

爛れてしまうことです。その中でも慢性胃潰瘍と急性胃潰瘍とあるのですが

 

急性胃潰瘍は宴会などでついつい仲間と騒ぎながら調子にのって

アルコールの飲み過ぎで胃の粘膜が傷ついてしまうことがあります。

 

仕事上接待で営業をされている方はお酒の席も多いことでしょう。

大量のビールやワイン、特に度数の強いウイスキーやウォッカをたくさん

飲みすぎると急激に胃酸が多く出て胃粘膜を破壊するので胃潰瘍になってしまいます。常にお付き合いでお酒を飲まれるお方は飲む前には牛乳で胃の粘膜を

 

保護しておくことや胃腸薬などを利用しておくことが大事ですね。

 

胃潰瘍の検査入院の費用

胃潰瘍などで急に胃が痛み病院に行くと念のために検査入院をするように言われますが医師は2~3日だというケースが多いと言われますが出血など状態が思いとなると検査もいろいろあるでしょうし、入院治療期間も長引いて2週間とかもあり得るようです。

検査入院は胃の内視鏡検査をして調べるのですが検査の前日に食事の制限がありますし、胃がん、ポリープの大きさなど

すわ仕組みてもらえるので時間が掛かるしきちんと調べてもらうためにも検査入院は必要かと思います。

 

期間は2~3日間で費用は30000円~50000円以内で

出来るはずです。病状次第で早く帰れると思いおますので

なるべく検査入院をして医師のいうことも聞くほうが

後々軽く済むことにもなり、大難は小難にまた、無難に

収まってくれるから、数日間と数万円健康を買うと思って

やるべきですね。

 

 

 

 

 

 

胃潰瘍の末期症状とは

胃潰瘍ははじめは胃の粘膜に何か異変が起きて鳩尾が痛んだり、げっぷや吐き気を催したりするくことが徐々に広くなるのですが、ステージがさらに進行するとステージ4では

末期の状態になると胃の粘膜を突き抜けて固有筋層まで

炎症が達しているので他の臓器やリンパなどに転移する

こともありえるそうです。

 

引用元:https://www.olympus.co.jp/

まとめ