癌に効く野菜とは何だろう

癌にならないように予防したり癌になっても改善してくれるという野菜について調べてみました。
野菜で何をするのかというと、
1 野菜で免疫力アップ
2 発がん性物質を摂らない
ということに気をつけながら進めていくといいですね。

野菜に含まれるどんな栄養素が癌に効くのかというと

ファイトケミカルとビタミンAからEまでのビタミンA,C,Eらしいので
その効能について紹介します。

ファイトケミカルとは?

ファイトケミカルというのは、あらゆる野菜や果物に含まれているもので植物が害虫から身を守る
機能性成分のことで苦味や辛味、など害虫に食べられないように身を守るものです。

ガンになぜ効くのかというと強い抗酸化力を持っているからです。

この抗酸化力で活性酸素を取り除き、身体の老化や酸化を防いで
癌を予防して2くれます。

これは植物が持つ特有のもので人間の体内では作ることができない
物質なのです。
だから、私達人間は、野菜や果物などからしか摂ることができないのです。

ビタミンA,C,Eとは

ビタミンAは目に必要な栄養素でものを見て脳に指示をだすときに必要なもので不足すると鳥目になって暗いところではものが見にくくなるのです。

ビタミンB群は肉などに多く含まれて生活に必要なエネルギーを産出します。

ビタミンCは健康な皮膚を作り出すのに欠かせないものです。
あとは風邪を予防したりストレスを軽くしてくれます。
癌には強い抗酸化力で予防に役立つし、がん細胞を殺すインターフェロンの生成にも
必要な栄養素です。

以上2つをたくさん含む野菜ほどがん予防や改善に役立つといえます。

トマト・ニンニク・玉ねぎ・ニラ・キャベツ・ブロッコリー・大根・キノコ類・ニンジン・カリフラワー・
パセリ・ほうれん草・カブ

これらが癌の予防や改善に効果があると言われています。

また、色が濃い緑黄色野菜がカロテノイドが豊富です。

緑:ゴーヤ、ほうれん草やブロッコリー、

黄色:かぼちゃはβ-力ロテン、
マンゴー、パパイヤ・・・ゼアキサンチン

赤色:人参、トマト、スイカ・・・リコピン

カロテノイドの効果とは?

黄・橙・赤色の自然界に存在する色素で

強い抗酸化力で皮膚や目を紫外線から老化や

抗がん作用もあり、活性酸素を取り除いてくれる。

ゴーヤの癌に効く食べ方とは

がんに効く最強な野菜はゴーヤ!

ゴーヤの驚きの効果、特に乾燥させたゴーヤはなお、栄養素が一層凝縮されて抗酸化力が高くて良いです!

ビタミンCや食物繊維の含有量もスゴイです!
1 ビタミンC(レモンの約3倍)
2 食物繊維(セロリの約30倍)
3 カルシウム(牛乳の約14倍)
4 鉄分(ほうれん草の約2.3倍)

72時間で98%の癌細胞を死滅させてしまう。

ゴーヤの原産地である沖縄・・癌の罹患者が少ない

 

ゴーヤで癌を完治した人とは?

 

苦味成分 モモルデシンの癌改善効果