逆流性食道炎の手術が必要な時とは

逆流性食道炎の手術が必要な時とはいったいどんな時なのか?

 

そもそも、逆流性食道炎とは、胃液や十二指腸液が食道へ逆流してしまい胸焼けなどの症状を引き起こす疾患です。

胃酸はとても酸性度が強いため、食道の粘膜に触れることで食道が炎症を起こしてしまい、

胸焼けなどの症状が出てしまいます。

一般的な治療としては生活習慣の改善、そして薬を飲むことです。

代表的な薬はプロトンポンプ阻害薬と言われ、胃酸の分泌を抑え症状を和らげてくれる効果は高いと言われています。

ただし、この治療は対症療法であるため、完治するわけではありません。

 

手術が必要なステージとしては、食道狭窄、食道裂孔ヘルニア、バレット食道などが挙げられます。

・食道狭窄

胃酸等の逆流により食道に炎症が起こり、食道が狭くなってしまった状態。

長期間放置することで食物の通過障害などが起こる可能性が出てきます。

・食道裂孔ヘルニア

胃の一部が食道裂孔から上に出てきてしまった状態。

横隔膜は食道裂孔の部分で食道を締めつけていますが、その力が弱くなると食道への逆流が起きてしまいます。

薬物療法の効果がない時や、重症化したヘルニアの場合には手術を行うことがあります。

 

・バレット食道

逆流性食道炎によって胃酸が食道に逆流し、食道粘膜が胃粘膜に近い粘膜に置換されてしまった状態。

この粘膜が、ある一定以上の大きさになるとバレット食道と診断されます。

バレット食道は食道腺癌になると考えられており、5年生存率も25%以下と低いため早期発見、手術が必要と考えられています。

 

またその他、若い人にも手術は効果的と考えられます。

若い時に逆流性食道炎になってしまうと、その後長い期間にわたり薬を飲み続けなければいけないためです。

逆流性食道炎の手術でデメリットとは

逆流性食道炎の手術でデメリットとは

手術の方法が開腹手術なのか腹腔鏡下手術なのかによって負担は変わりますが、やはり手術というものは身体的負担を伴います。

また手術のため、入院が必須となります。

さらに、一時的に金銭的な負担がのしかかります。

 

ただし、手術をせずとも薬物治療を行う場合は基本的にずっと薬を飲み続けることになるため

結果的にどちらの治療費が高いかというのは、一概には言えません。

 

 

 

 


逆流性食道炎の術後の後遺症

手術である以上、合併症や有害事象のリスクはもちろんあります。

ではどのような後遺症が考えられるのか、一部を列挙してみます。

・嚥下困難

・出血

・腹部膨満感

・再発再燃

・感染症

 

あくまでも、手術というのはどのようなものでもリスクを伴いますし有害事象が出る場合もあります。

逆流性食道炎の手術に限って起こるというものではありません。

 

 

 

 

まとめ

禁酒禁煙など生活習慣の改善を行い、薬物治療を行っても十分な効果が得られない患者さんには手術は良い選択肢の一つです。

かかりつけの医師と良く相談をした上で内科的治療を続けるのか、外科的治療を行うのか決めることをお勧めします。