「逆流性食道炎の手術を大阪や福岡で受けるなら名医のいる病院はどこ?」

 

逆流性食道炎は基本的に飲み薬で治療していきますが、それでも改善されないときは手術も適応となります。

 

手術といっても最近では腹腔鏡で治療できる方法がとられ、入院期間も短く身体に負担が少ないため社会復帰も早くできるということで、件数は増えているようです。

 

また内視鏡による治療も新しく確立されました。

 

 

〇逆流性食道炎の手術の日本のレベルは

 

世界でも逆流性食道炎患者はたくさんいます。

特に欧米では生活習慣や食習慣から逆流性食道炎になる患者が多く、手術と内服治療を合わせて行なっています。

 

日本でも腹腔鏡下で治療し、内服治療も続けるといったやり方をとっています。

ガイドラインが確立され、全国でもレベルの高い治療が受けられるようになりました。

 

日本の医療技術は世界に比べまだまだ劣ると言われていますが、手術方法や内服治療などの検証も進められどんどん良い方に改善されてきていることから、逆流性食道炎の手術に関して言えば劣ってはいないでしょう。

 

〇大阪で逆流性食道炎の手術なら大阪医科大学附属病院

 

大阪医科大学付属病院の内科医である樋口和秀先生は、逆流性食道炎の内視鏡による治療を日本で最初にされた先生です。

 

内視鏡による逆流性食道炎の治療のメリットは、身体に傷をつけることなく治療ができるということです。

最近では高齢者だけでなく、若い人にも患者層が広がってきていますので身体にメスが入らない治療は今後も重要視されるでしょう。

 

新しい治療法のため腹腔鏡の手術が主流となっている今、全国的にはまだ件数は多くないですが、逆流性食道炎患者は今後も増えることが予想されますので、今後件数も多くなってくると考えられます。

 

〇福岡で逆流性食道炎の手術ならうえの病院

 

2017年6月から上野外科胃腸科病院はうえの病院という病院名に変わりました。

 

病院長である田上和夫先生は消化器外科の内視鏡外科を専門とされており、内視鏡外科手術トレーニングセンターにもインストラクターとして携わっている先生です。

 

こちらの病院の外科手術レベルも高く、おへその部分に1か所だけ傷がつく程度の術式で、手術後の回復も早いことから積極的に取り入れられているようです。

 

 

〇まとめ

 

逆流性食道炎は内服治療だけでなく外科的な治療もされている今、腹腔鏡での手術がメインとなっていますが、新しく内視鏡での治療も可能となり、日本の医療技術はどんどん進んでいます。

 

薬で治療が難しくなった方でも、身体の負担を少なく治療が受けやすくなっています。

大阪で逆流性食道炎の手術を望まれる方は、大阪医科大学付属病院をオススメします。

小さな病院では検査や内服治療までしかできませんが、大きい病院だからこそできる最新の医療技術がそろっていますので、どんな治療をしたいのか選ぶことができます。

 

福岡で逆流性食道炎の手術をしたい人は、うえの病院がオススメです。

病院長をはじめ胃腸科を専門とした先生が多くいらっしゃいますので、安心して治療を受けられるでしょう。

 

病院選びに大切なことはどんな治療ができるかと、親身になって対応してくれる先生を見つけることです。

 

薬で治らなかったらどうしようと不安になっている方、ぜひ名医と呼ばれる先生に一度診てもらうといいかもしれませんね。