逆流性食道炎の薬で処方されるタケキャブとは

逆流性食道炎の治療薬には胃酸分泌を抑えるプロトロンプ阻害薬が有効的といわれています。今までタケプロンなどが主流でしたが、2015年頃から従来のプロトロンプ阻害薬の欠点を補った後継薬として「タケキャブ」が処方されるようになりました。

 

タケキャブはプロトロンプ阻害薬の部類に位置づけられます。逆流性食道炎をはじめ、胃潰瘍やピロリ菌除去に用いられています。作用がとても強い薬ですので、内服期間は6~8週間までが好ましいとされています。短期内服で使用する必要があるとされています。

 

タケキャブは即効性があり、作用時間も長く持続性に優れ、個人差なく効果が得られるため、非常に高い治癒率も報告されています。

胸やけや喉の違和感などの症状をすぐに抑えることができます。

そのため、現在逆流性食道炎の治療薬として、一番効果があるといわれています。

逆流性食道炎の治療薬として効果が高いといわれるタケキャブですが、いくつかの副作用も報告されているので内服する際は注意が必要となります。

 

代表的な副作用には以下のものが挙げられています。

 

・吐き気

・発疹

・眠気

・腹痛、胃痛

・便秘

・下痢

・頭痛

・ふらつき

 

これらの副作用はすべての人におこるのではなく、比較的安全に内服できるといわれてい

ます。タケキャブは副作用は少ない方といわれているそうです。

タケキャブの副作用で吐き気あり

 

タケキャブの副作用の1つである吐き気について説明していきたいと思います。

 

タケキャブは逆流性食道炎の原因である胃酸の分泌を抑える働きがあります。胃酸は食べ物の消化を助けます。その胃酸の分泌を抑えるため、消化不良を起こしてしまうため、吐き気がおこるのです。

 

タケキャブ内服中は、消化不良を起こしやすいため、なるべく消化によいものを食べることによって吐き気を抑えることができます。また食べた後すぐに横になるのも控えましょう。

 

 

タケキャブの副作用で発疹

 

薬を内服した後、発疹が出ることはどの薬においても起こりうることです。薬を飲んででた発疹は薬疹とも呼ばれます。タケキャブも稀に発疹があらわれることがあります。

 

薬疹はアレルギー反応を起こすことによって生じます。ほとんどの場合は内服を中止するとともに消えることが多いです。

 

薬を内服してすぐに薬疹が出るわけではなく、内服して1~2週間たってから現れることがあるので注意しながら内服しましょう。場合によっては重症化し、命に関わることもあります。

 

 

まとめ

 

逆流性食道炎の治療薬としてはタケキャブが第一選択として処方されています。タケキャブは即効性、持続性、個人差なく使用できる、などと大変優れた薬であることが分かっています。

 

安全に内服することができると言われていますが、いくつかの副作用もあります。副作用があらわれていないか注意しながら内服することが大切ですね。