逆流性食道炎と食道がんとの違い

 

食道の病気にはいくつかあります。有名なものとしては逆流性食道炎や食道がんがあります。

逆流性食道炎は胃液の逆流によっておこり、食道の粘膜が刺激を受け、炎症かおこす病気です。

 

食道がんも最近注目されている食道の病気のひとつです。食道がんの症状にも逆流性食道炎と同様につかえ感やものがしみる感じがみられます。

 

どちらも胃カメラ検査で診断を受けることになります。見分け方は自分では難しいので、こういった症状があるときは早めに病院に行くことをおすすめします。

逆流性食道炎が食道がんになる確率は

 

逆流性食道炎から食道がんになってしまう事はゼロではありません。逆流性食道炎の初期症状に軽い胸やけなどありますが、それらを放置しておくことでどんどん進行していきます。

 

逆流性食道炎を放置しているとバレット食道をおこすことがあります。

 

バレット食道とは食道の胃と接している部分の粘膜が胃や腸の違う性質の粘膜に変化することをいいます。

バレット食道は食道がんへのリスクが上がるといわれています。

 

バレット食道になると食道がんになるというわけではありませんが、リスクは上がるため気を付ける必要があります。早めに治療することが大切ですね。

 

 

呑酸の読み方と止める方法は

 

逆流性食道炎になると何も食べていなくても、苦く酸っぱいものが口の中に広がることがあります。これを「呑酸(どんさん)」といいます。

 

口の中も臭い、大変不快な症状です。逆流性食道炎の患者さんで呑酸に苦しむ人も多いのではないでしょうか。

 

胸やけとは違って、喉や口腔内で酸っぱく、苦い味が広がります。これは胃酸の逆流によって起こるのです。

 

呑酸への対処法について説明していきます。

呑酸に悩まされており、まだ病院を受診していない人はまず、病院を受診しましょう。

治療中の人はなるべく胃液が逆流してこないように対応することが大切です。

胃液が逆流するのを抑えるには、処方された薬を内服することに加え、胃に負担をかけないように生活習慣を改めることがいいでしょう。消化によいものを食べ、食後はすぐ横になったりせず、十分消化されてから就寝するようにしましょう。また、お腹に圧がかかるようなことも避けましょう。

 

まとめ

 

逆流性食道炎と食道がんはともに現在注目されている食道の病気であり、喉のつかえ感やものがしみるといった感覚など似た症状があります。どちらの病気も診断には胃カメラを受ける必要があります。自覚症状があれば早めに病院へ行くようにしましょう。

 

逆流性食道炎が進行するとバレット食道をおこすことがあり、これは食道がんのリスクを高めるといわれています。しかし、リスクがあるというだけで必ずしも移行するとは限りません。早めの治療が大切です。

 

呑酸は「どんさん」と読み、口の中に苦く酸っぱい不快症状をおこすことをいいます。これは胃酸の逆流によって起こるので、胃液の逆流を抑えるよう対処していかなくてはなりません。