タケキャブの副作用で眠気

 

逆流性食道炎の治療薬であるタケキャブにはいくつかの副作用があり、その一つに眠気があります。それほど多く副作用として報告されているわけではありませんが、眠気がおこることもあるため、内服時には注意が必要です。

 

タケキャブに限らずですが、副作用に眠気をともなう薬はいろいろあります。眠気をもたらす薬を内服するときは内服後の車の運転などはしないようにしましょう。

薬の飲み合わせがよくないものもあるので眠くなったからといって自己判断で眠気覚ましを飲むのはやめましょう。眠くなるのが困るときは、お医者さんに相談することが大切です。

 

タケキャブの副作用で腹痛や胃痛

 

 

逆流性食道炎になると、症状として腹痛や胃痛がおこることがあります。その痛みは胃酸によって、胃や食道の粘膜が炎症を受け、傷つくことで起こります。胸やけや吐き気をともなうことがあるので、より痛みを感じやすいかもしれません。

 

腹痛は腸に炎症がおこることで生じます。腸炎になると、腹痛や下痢をおこしやすくなります。

それだけでなく、タケキャブの内服によっておこることもあります。タケキャブの副作用として稀ではありますが、腹痛や胃痛がおこることがあります。

 

タケキャブは胃酸を抑えるお薬なので、内服することで消化不良を引き起こしやすくなります。胃の内容物が消化不良を起こすことによって、胃が痛くなることがあります。

 

また、消化不良によって腸の調子にも影響し、下痢や便秘などの腸の症状が出てきて腹痛の原因にもなります。

引用元:http://逆流性食道炎.jp/885.html

タケキャブの副作用で便秘

タケキャブの副作用に便秘の症状もあるといわれています。タケキャブ内服によっておこる便秘について説明していきたいと思います。

 

先ほど説明したように、タケキャブには消化吸収を助ける胃酸を抑える作用をもっています。タケキャブ内服によって、胃酸の分泌が抑制されます。胃酸が抑制されることによって消化不良がおこります。消化不良をおこすことで便秘の原因になることがあります。

タケキャブによる便秘にはどんな症状があるでしょうか?

・便が何日も出ない

・お腹がはる

・お腹が痛い

 

便秘になると腹圧がかかるため、逆流性食道炎の人は悪化しやすくなります。そのため早めに対処する必要があります。これらの便秘の症状の解消法にはどんなものがあるでしょう。

 

便秘薬に頼ることもいいですが、まずは薬に頼らない方法をしてみましょう。

まずは腸の動きをよくすることです。腸の動きを活発にするには腸をあたためることや、運動することです。

 

それに加え、食物繊維を摂取することも効果的です。食物繊維をとることで便を増やしたり、柔らかくして出しやすくしましょう。

 

それでも便秘が解消されないときは便秘薬にたよることもいいでしょう。その際は必ず医師に相談してからにしましょう。

 

まとめ

 

タケキャブはさほど副作用はないといわれていますが、眠気や胃痛、腹痛、便秘がおこることがあります。薬の内服中は副作用にうまく対処していくことも大切です。