逆流性食道炎の咳の止め方とは?

 

逆流性食道炎の症状の一つに咳があります。胃酸が食道に逆流することで気管に入り込み、気管に炎症を起こすことで咳が出ます。逆流性食道炎による咳は乾いた咳が長期間にわたって続き、主に夜咳き込むことが多くみられます。

 

よく「喘息」の症状と間違えることがあり、喘息かと思っていたら実は逆流性食道炎だったということがあります。

 

逆流性食道炎による咳の場合、胃酸の分泌を抑制するプロトロンプ阻害薬が効果的です。胃酸の分泌を抑え、気管の炎症を防ぐことによって咳を止めることができるのです。

一番効果的な薬としてタケキャブがよく処方されます。

 

逆流性食道炎によっておこる咳は胃酸の逆流によって引き起こされるため、胃酸逆流を抑えることも咳を止めるのに効果的と言えます。

 

胃酸の逆流を防ぐには、胃に負担をかけないように消化の良い食べ物を摂取するようにし、食後はすぐ横になったりしないなどと、生活習慣に気をつけることが大切です。また、夜寝ている時に胃酸が逆流してこないよう、少し上体を起こして寝ることも効果的です。

 

タケキャブの効果とは

 

逆流性食道炎に一番効果的で、よく処方されるタケキャブですがどのような効果があるのでしょうか。

 

タケキャブには胃酸分泌を抑制する働きがあります。逆流性食道炎は胃酸が逆流することで起こり、その胃酸によって食道に炎症がおこる病気です。その胃酸が分泌されるのを抑えてくれるのでタケキャブは逆流性食道炎の第一選択薬となっています。

 

また持続性や即効性に優れているので、内服するとともにそれらの効果が得られるといわれています。

 

タケキャブの効果出るまで何日?  

 

タケキャブを内服してすぐに咳を止めることはできるのでしょうか。タケキャブは即効性、持続性に優れていると言われています。

 

タケキャブは内服して30分程度で効果が出てきて、その効果は約24時間あるといわれています。まるで魔法のようなお薬ですね。

 

ただ、逆流性食道炎の進行度、重症度によって効き方には違いが出るので、これはあくまで一般的な話です。

 

タケキャブはこのように即効性、持続性に優れたお薬ですが、強いお薬なので長期間の内服は避けた方がいいと言われています。内服は6~8週間以内にした方がよいでしょう。

 

まとめ

 

逆流性食道炎の症状の一つに咳があります。この咳はコンコンという乾いた咳で、喘息のような咳です。主に夜咳き込むことが多くみられます。この咳をとめるにも、逆流性食道炎の治療薬のタケキャブは効果的です。

 

タケキャブは胃酸の分泌を抑える効果があるため、逆流性食道炎でおこる胃酸の逆流を防いでくれます。胃酸を抑えてくれるので食道の炎症も和らげてくれます。

 

タケキャブは内服してからすぐに効果が得られ、その効果も24時間続くので飲むと症状が楽になるといわれています。多少個人差はあると思いますが、指示された通り正しく内服しましょう。