食道がんは初期の段階では自覚症状がないとまで言われています。
1年で約1万人のお方が命を落としていて日本人に多いといわれて
おります。

レントゲン検査や内視鏡検査をおこなっても見逃されてしまうケースも
あって気がついたらかなり進行しているのが食道がんの怖い特徴です。<br />

看護師

 

そして圧倒的に食道がんは男性の病気で6対1の割合で男性が罹ります。
そのなかでも
お酒を飲むと顔が赤くなるフラッシャーといわれるお方に食道がんが
出やすいのだそうです。

発生部位は胸部中部食道に一番多く発症しています。
リスクの高いのが刺激の強いウォッカなど非常に強いお酒を飲む方や熱いものを
好んで飲まれるお方、タバコをたくさん吸う方です。

さらにお酒を飲むと体の中では発がん物質のアセトアルデヒドが
作られて急激にリスクが上昇してしまいます。
食道がんの発症年齢は50歳から徐々に増え続け、60歳時が、
ピークに達するようです。

最近のニュースでもありましたが有名人のなかでは

2010年8月、歌手の桑田圭祐さん(54歳)が定期健診で食道がんの
初期症状が 早期発見されて即入院治療を受けて回復し、復帰されている
ことは皆さんもすでにご承知のことと思います。日ごろから体の定期健診の大切さを思い知らされます。<br />
<img src=”img/yajirusitenmetu.gif” />
<a href=”http://hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/0867aaab.78776a8a.08bc957f.894c593f/?pc=http%3a%2f%2fsearch.rakuten.co.jp%2fsearch%2fmall%3fsitem%3d%25E9%25A3%259F%25E9%2581%2593%25E3%2581%258C%25E3%2582%2593%2b%25E3%2583%2581%25E3%2582%25A7%25E3%2583%2583%25E3%2582%25AF%26g%3d0%26v%3d2%26s%3d1%26p%3d1%26min%3d%26max%3d%26sf%3d0%26st%3dA%26nitem%3d%26myButton.x%3d0%26myButton.y%3d0%26scid%3daf_ich_link_urltxt&m=http%3a%2f%2fm.rakuten.co.jp%2f” target=”_blank”>>>簡単に自宅で調べるならこれがおすすめ<<</a>

<p class=”line”>食道がんと罹患率</p>

食道がんは粘膜から発生する悪性腫瘍なのです。

食道は咽喉から胃までの約25センチの直径3センチほどの管です。内壁の厚さも4mmですが
癌細胞が上層部で留まっているのなら比較的に簡単に切除が出来るようです。

わが国で1年間に食道がんにかかる人はおよそ9000~10000人と言われて
おります。
消化器の癌のなかでも特に悪性度が高いがんです。早くからリンパに転移するし、
遠隔臓器の肺や肝臓や骨にも転移する性質があるのです。

胃がんに比べればの10分の1程度の発生頻度であり、男性の方が女性の6倍なりやすいです。
<p class=”line2″>食道がんの治療方法について</p><br />
<img src=”img/sutent.jpg” align=”right” />
早期の場合は口から内視鏡を挿入していき、病巣を剥ぎ取る処置
食道がんの治療 ESDや放射線や抗がん剤を使います。
またステントで食べ物が通るところを作りながら食事できるように
するのも重要なのです。