逆食の喉の痛みの原因と治療

逆食で喉が痛くなる原因は胃から逆流する胃酸が喉まで戻されてくるからで胃酸は強酸でPH1~2くらいなので喉が赤く爛れてしまうのです。

喉の粘膜には胃のように酸から守られる粘膜はありません。

だからバリア機能がないところへPH1の胃酸が流れてくると

焼けるような痛みに襲われるのです。

咽喉頭酸逆流症とも言われていて

咽喉頭酸逆流症の治療方法とは

喉が炎症を起こして荒れてしまった時は風邪引いて病院で

もらう薬と同じです。ただこれらは一時しのぎだと思ってくださいね。

 

1 喉の炎症を抑える薬:トラネキサム酸

1日に3回毎食後に2カプセルずつ服用します。

喉の炎症を抑えてくれるく知りです

2 トローチ 明治SP

ドーナツ型で噛まないで口の中でゆっくり溶かすのがポイントですが

痛いからと言って続けて舐めてはいけないのです。必ず4時間以上は

舐める間隔を開けておかないといけないのです。

明治SPトローチなどが処方されますね。

3 うがい薬 イソジンガーグル液

 

外から帰宅したらガラガラと水に入れてうがいをする薬で

「イソジン」と言えば誰でも知っていると思います。

 

茶色の液薬を1メモリだけコップの水に入れてうがいをします。

胃酸を抑える薬でないと良くならない

 

 

【逆食改善プログラム】逆流性食道炎、十二指腸潰瘍、慢性・急性胃炎

逆食の喉のつまりの感触はどんな風

 

喉に何か詰まっているような違和感が咽喉頭酸逆流症になると起こります。胃酸が喉まで上がってくるのは猫背や肥満という姿勢や体つきの

影響も受けているのです。胃酸が霧状になって喉まで上がってくるのでその間に喉がつまる感触やつかえている気がするのですね。

噴門を抜けてPH1の胃酸が上昇してくるときの違和感は

ヒリヒリして何とも言えない苦しさなのでしょう。

ビールやサイダー、コーラなど炭酸飲料を飲んだ時に炭酸が上がってきてゲップが出ますがこの感じと似ているのです。

逆食の圧迫感は炭酸が胃酸に変わったと考えるとわかりやすいかと思います。無意識に「ゲフッ」ってゲップが出てしまうので胃酸だと

痛みや滲みたりして何とも言えない辛いものがあるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆食の喉の違和感を改善する方法とは

 

逆流性食道炎の中でも喉に症状が現れると別名:咽喉頭酸逆流症と
呼ばれています。

これは胃酸が胃から食度を伝わって喉にまで逆流している状態のことを言います。

 

風邪をひいてのどが痛いのと同じ症状なんですが、口の中に胃酸が

入ってくると酸っぱくて苦い味がするので判断ができるかとお思います。

喉の痛みを治療するのなら先の3つの処置をすればよいのですが

(トラネキサム酸を飲み、トローチを舐めて、イソジンでうがいする。)でも胃酸が上がってくる逆食の症状を治すには胃酸の出て来る量を

を抑えることが重要なのです。

それでまずは病院で胃酸の分泌量を抑制する薬を処方してもらうことやや脂っこいものを控えたり食生活も見直していかないといけないのです。

 

 

 

まとめ

 

 

逆食の喉の痛みは単なる喉の痛みを治療するのなら風邪で喉がいたい時同様です。

でも、根本的に胃酸の分泌量を抑えたり食生活を見直して胃に負担の

かかる食事を替えていかなくてはいけないです。