呑酸を引き起こす原因とは

呑酸(どんさん)とは本来、胃の中にあるべき胃液が下記の
3つの原因のために逆流して食道を通過して喉を通過して

口の中まで上がってくる不快な酸っぱい感覚を言います。

 

この間食道が胃酸によって炎症を起こします。
胸焼けを起こしながら胃酸が上昇するので舌が味覚を感じる
ことによって、すっぱい酸味や苦味を味わうことになるのです。

時には食べたものまで一緒に戻してしまうこともあります。

胃酸が逆流する理由は以下の3つの
原因があるのです。

1 腹圧による胃への圧迫

太っている人は体型からもう胃に負担がかかりますね。
あと、お腹を無理に締め付けている状態はよくないです。

ベルトや着物の帯などきついとひどくなります。
ビールやコーラなど炭酸飲料は余計悪くなります。

あとは前かがみで悪い姿勢も圧迫するのでよくありませんね。

 

2 胃酸過多でいつもよりも胃酸の量が増えすぎ

胃酸が多すぎると逆流症状を起こしやすいです。
原因はストレスや食生活、タバコなどが考えられます。
胃酸過多になると吐き気やげっぷも多く出るようになってしまいます。

 

3 下部食道括約筋の筋肉の緩み

噴門部の筋肉が何らかの原因で弱ってしっかりと
胃の入り口と食道の境目が隙間がしっかり蓋ができなくなってしまい、
逆流しやすくなります。原因はストレスfで胃酸にも弱い性質を持っています。

 

 

呑酸を止める方法やよく効く市販薬とは

 

呑酸を止める方法の一つである市販薬がどれくらい効果があって
どんな種類があるのか紹介します。

 

呑酸を抑えるということは胃酸の分泌量を少なくすることと
酸を中和する働きが市販薬に必要となります。

 

<呑酸を止める市販薬>

 

ドラッグストアのウェルシアで確認したら、逆流性食道炎で現在一番

売れているのがガスター10で、逆流性食道炎には一番効果があるようです。

病院では、ガスター20が処方されているようなのでこれが一番
おすすめかと思います。


H2ブロッカーファモチジンが働いて胃酸を抑えて上昇しないようになります。

 

<H2ブロッカーとは>

胃の中のH2受容体がヒスタミンと合体すると胃酸が分泌するのですが

この働きを阻止して胃酸を出にくくするのがガスター10に含まれる
ファモチジンという成分です。

ガスター10に含まれるファモチジンがH2受容体と

結合して胃酸の分泌を抑制してくれるのです。この

ファモチジンのことをH2ブロッカーと言います。

 

それでも良くならない時は強い薬ですが
プロトンポンプ阻害薬を病院で処方してもらうのが良いですね。

オメプラゾンやオメプラゾール、タケプロン、パリエット、ネキシウムなどが

処方されますが一時は良くなりますが薬が切れると

同じ状態になってしまうのが欠点です。

根本的に完治にはならないので本気で治すなら、保険も効くので

病院に行くほうがお薬代も経済的に楽になるでしょう。

 

 呑酸を止める方法は唾液を増やして飲み込む

 唾液を増やす方法

唾液を増やすことにより口まで上がってくる胃酸をもとへ戻してやれば
症状も軽くなります。酸っぱい胃液を味わうことも減っていきます。

簡単な耳下腺 マッサージでも唾液の量が増えますし、

ガムなどで噛む回数を増やしても唾液は増えます。また、唾液の元は水分ですので飲み物も少しずつ飲めば唾液も増えてきます。

 

呑酸で苦しい思いを軽減できますし、胃酸の逆流も減らせることが可能です。

1 咀嚼回数を増やすこと、ガムを噛む

2 少しずつ水分を摂ること

3 耳下腺マッサージをすること

 

 

 

逆流性食道炎で眠れない時はどうすればいい

 

できるだけ寝ている時に目が冷めないようにするには

胃の出口を上になるように寝る、つまり胃の形から判断すると良いのです。

胃の形はこのような風ですよね。

寝る向きはどちら側がいいか人体模型で

確認してみると、左側(左脇腹)を下にしたほうが

食道から胃への入り口は上に向きますので

逆流しにくくなります。

この図から見ると左側を下にしたほうが胃の

入り口が上向きになりますから逆流しにくいと思います。左脇腹を

下にして寝たほうが楽になるでしょう。

 

 

 

 まとめ

逆食の原因は
1 腹圧による胃への圧迫

2 胃酸過多でいつもよりも胃酸の量が増えすぎ

 

3 下部食道括約筋の筋肉の緩み

 

呑酸を止める市販薬は一番おすすめはガスター10
重症化した時はプロトンポンプ阻害薬を病院で処方してもらうこと

あとは唾液を多く分泌できるように日頃から

1 よく噛んで食事を取ろう
2 水分補給
3 耳下腺マッサージが効果的