祝い事でもアルコールで逆食は悪化する

逆流性食道炎なのに結婚式とかの乾杯などのお祝いの席でどうしても飲みたいときって必ず生活のなかで必ずおきてくることでしょう。特に親族の結婚式など

ごく少量ならと思わず乾杯のグラス手にした時には口につけてしまうことがある時はあるものですよね。

甥とか姪の結婚式や特に子や孫の祝い事になるとつい、「今日だけは特別だから

いいか!」と披露宴の席で乾杯のワインを飲みたくなるのも当然でしょう。

でも、逆流性食道炎の貴方が後で辛い思いをしなければならないということは覚悟しておかねばなりません

自己責任であるということを覚悟しておいたほうが良いでしょう。

逆流性食道炎の場合下記のように症状が悪化してしまうのでどうしても飲みたい場合は覚悟してから飲んでいただきたいです。あとは牛乳や白湯でだ

 

  1. 墳門の筋肉を緩めるので
  2. 胃酸が多量に分泌して胃酸の逆流を起こしやすくなる。
  3. 胃酸の分泌量をを増やす胃の蠕動運動を阻害する
  4. 胃粘膜を荒らして本来の機能をなくす
  5. 吐き気やめまいなど症状が出やすい

逆流性食道炎の症状を牛乳で最小限に抑える方法

 

逆流性食道炎 で牛乳飲むタイミングとは

牛乳をお酒を飲む前に飲んでおくとアルコールが胃に入った時に

胃粘膜を牛乳の膜で保護してくれるので二日酔いには効果的だと言われます。

特に空腹時にアルコールが胃に入ってくると健常者でも

お酒が効いて酔っ払ってしまうので

逆流性食道炎の方は注意しないといけません。

 

牛乳を飲むタイミングは食事の前に、つまり空腹状態の時に飲んでおくことが大切なんです。

胃粘膜のダメージを最小限に和らげてくれるので重要なことなのです。

そして、アルコールが胃に入って食事をすると血流量が増えて胃酸がたくさん分泌されます。そんなときこそ、お白湯を飲むと胃酸を中和して酸で食堂が荒れたり

口臭で周囲の人に不快な思いをさせずに済むし、呑酸という嫌な酸味を味わうことも少なくなるはずです。

逆流性食道炎 で白湯の飲み方と タイミングについて

 

食事の時に気をつけたいことは運ばれてくるからと言って

どんどんと食べないようにゆっくりと時間をかけて食べると良いでしょう。

胃酸の分泌を抑えるにもゆっくりと食べたほうが良いはずです。

これは上がってくる胃酸はとても強くのPH1~2くらいですので

1時間ぐらいすると胃酸が徐々に上がってくるので食道が荒れてしまう前に

すこ~しづつで良いのでお白湯をちょっとずつ口に含ませて胃酸を中和してあげることが大切です。一度にグーッと飲んでしまわないように気をつけてお腹が一杯になると吐き気がしますから気をつけてください。

ただ、胸焼けがひどくて辛い時には白湯を飲み干してしまったほうが

効果的ですので状況次第で加減しましょう。

まとめ

 

逆流性食道炎でアルコールは禁止というのが大原則です。

しかし、結婚式の披露宴など、お祝い事などでどうしても

乾杯のときなどは祝ってやりたいものです。

牛乳と白湯を上手に飲みながらダメージを最小限に抑えるように

することでわずかの量を楽しめたらと思います。

牛乳で胃粘膜を保護して白湯で胃酸を中和しながら楽しいひと時を楽しんでください。