足の親指の爪の切り方で痛い理由は?やり方と注意点は?


はじめに

足の爪を切るのって体が硬いと前かがみにならないといけないのでちょっとめんどくさいですね!手と比べるとどうしても足の爪は伸び方が遅いので切る回数も少ないのでついついおろそかになりやすい人も多いのではないでしょうか?

足の親指の爪を切るのは手と比べて少し切りにくいですから、深爪や巻き爪にならないように気を付けないといけませんね。


この記事では 足の爪 を切ると痛くなるのはどうしてなのかということと、足の爪に適した爪切りの紹介や、使い方や種類についてご案内します!

理想的な足の爪の形

まず、最初に理想的な足の爪の切り方ですが、下記のような爪の形ができていればあなたの足の爪切りは大変よろしいといえます。

この爪の形をまず目指して足の爪切りをされたら大丈夫です。

特徴はまっすぐに切ることで爪が食い込まない形を作ることです。

ただでさえ爪というものは巻きやすい性質があるため爪の先端は平らにして一直線でないといけないのです。そして爪の形は正方形が一番良くて先端は指の長さに合わせます。

とがっている部分だけを少しだけやすりで丸くすればOKです。

悪い爪の形

私もやっていましたが出っ張っているのは嫌だし、危ないからと思って知らずに赤い点線のラインに沿って親指の爪を切っていました。

だから切りすぎて巻き爪になりやすいのです!

両端の短い部分が指に食い込んでいく形を自分で作っていたということです。

爪切りの刃の形になってはだめなのです。

悪い爪の切り方を上げるとこのような形にすると痛くなったり、巻き爪になってしまうので注意しましょう。先がとがって危ない三角切り、丸切り、短く切りすぎた爪などは爪が刺さっていたいです。

爪切りで足の爪を切るときの注意点

家庭にある普通の爪切りは刃先が丸くなっているのでそのカーブに沿って爪を切ると両端の爪が内側に入り込むので爪が皮膚に刺さっていくようになるのです。

深爪

さらに短く切りすぎてしまうとこの写真のように爪の先端も爪が皮膚に食い込んで深爪になるので痛くなってしまいます。見るからに痛そうですよね?

なので足の親指の爪を切るときは後から巻き爪にならないためにも深爪はしないようにしたほうが いいですね。


このように親指の爪が親指の長さよりも短くなっているので靴の先が指の先を圧迫し続けると爪が親指の両端だけでなく先端にも爪が食い込んでいく可能性が高くなります。

延ばしすぎ

爪を伸ばし好きると、折れてしまったり、はがれてしまうこともあるので定期的に爪を切りましょう。特に仕事で革靴を長時間履き続けている方は爪に強い力がかかり続けるので爪が黒くなって内出血したり、ひどいと化膿することもあるので放置しないようにこまめに足の爪も着るようにしましょう。

足の爪はまっすぐ切れ

足の爪を切るのに最も注意することは爪の形を丸くならないようにしないと、いけません。

親指の爪は丸く切らないこと!

普通の爪切りは爪を切ると刃がカーブしているため両端が切りすぎてしまいやすいです。この画像の点線の部分の通りに親指の爪を切ると両端の部分が切りすぎてしまうので切った後に爪が食い込みやすくなり痛いということになるのです。

親指の爪はまっすぐに切ること!

理想的な親指の爪はこのように切ることが良いとされています。 このように切れば鋭い爪が親指の皮膚に刺さっていくことを予防できますね。

おすすめの爪切りは

それでは足の爪切りにはどのような爪切りが販売されているのか?

どんな種類があるのか? 値段はいくらくらいなのでしょうか?

グリップタイプの爪切り

ごく一般的な形の爪切りにが、通常の爪切りは刃がカーブした曲線型ですが、足の指をきるには、刃がまっすくの直線刃爪切りを選ぶことが重要なポイントです。

この爪切りは直線刃なので爪がまっすぐ切れます

直線刃は爪をまっすぐに切ることができるので爪の両端が短くならないので爪が指に食い込まないのが最大のメリットです。

ニッパー型の爪切り

ニッパー型の爪切りは力が入れやすくて分厚い爪も楽に切ることができますので親指の爪を切るのには適しています。

まとめ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です