黒柳徹子の結婚歴は?若い頃の障害とは?


  • 私は黒柳徹子さんと言えば毎週人気だったテレビの歌番組で覚えているのはなんといっても、「ザ ベストテン」ですね!
    黒柳徹子さんの両親と兄弟についてと旦那さんや子供さんはなかったのか? 結婚歴はどうなのか?
    若い頃の障害があったらしいのですが詳しいことはどうなのか?
    について調べてみました。

黒柳徹子のプロフィール

氏名:黒柳徹子(くろやなぎ てつこ)

生年年月日:1933年(昭和8年)8月9日


職業:女優、タレント、声優、司会者、エッセイスト、ユニセフ親善大使、平和運動家
愛称:トットちゃん

家族 家庭環境

お父さんについて

黒柳徹子さんのお父さんは、黒柳 守綱(くろやなぎ もりつな)さんさです。
1908年6月20日生まれで、日本のヴァイオリン奏者です!
東京音楽大学を卒業してヴァイオリン奏者として活躍されました。。
後にお父さん役を俳優の山本耕史さんが演じています。

お母さんについて

お母さんは黒柳朝さんで

お母さんは黒柳朝(くろやなぎあさ)さんで本も書いています。
生年月日: 1910年9月6日
生まれ: 北海道 滝川市
死亡: 2006年8月16日
また、黒柳徹子さんもエッセイストですよね。東京音楽大学に進学しており、お父さんの影響を受けているといえます。
両親の良いところをちゃんと受け継いでますね。

 

お母さんは黒柳朝さんで本も書いています!

黒柳徹子さんとお母さんの朝さん

子供の頃の障害とは

黒柳徹子さんは子供の頃に障害があったらしいのてす。

黒柳徹子さんは子供の頃にテツコと言えなくてトットちゃんとしか言えなかったのです。

黒柳徹子さんの自叙伝「窓ぎわのトットちゃん」。ベストセラーですが、黒柳徹子さんは発達障害の一つ、学習障害があったと公言されています。

窓際のトットちゃんという本は黒柳徹子さんが作品のなかでトットちゃんと表現されていますが、当時小学生時代に
窓際でチンドン屋が近くに来ると大好きで授業中でもかまわず、窓に立って呼び込もうとしたのです!

黒柳徹子が小学校退学した理由

黒柳は好奇心旺盛すぎて授業中に机のフタの開閉を100回ぐらい繰り返したり、教室の窓から大声でチンドン屋を呼んだりしたため、尋常小学校を1年で退学になった

そんなことがきっかけでトモエ学園に通うことになりました。

トモエ学園とは?

黒柳徹子さんはいろんなことをして回りに迷惑をかけるので、小学校を一年生の時に退学することになったのです。

トモエ学園はそんな発達障害をもっている黒柳徹子さんのような子供を受け入れてくれる学校なのです。
古くなった電車が教室でそのなかで
勉強したのです。



授業はめいめいが好きな科目を選んで始めることができた。午後にはみんなで散歩という、一風変わった学校だったが、黒柳は大好きだったそうです。

トモエ学園の小林先生

黒柳徹子さんはトモエ学園の小林先生に出会えたから今があると言ってます!

「びっくりするような事件を、いくつも起こしていた」と黒柳は「窓ぎわのトットちゃん」で振り返った。しかし、そんな事件が起きても、校長の小林氏が黒柳の両親を学校に呼び出すことはなかったという。

かわりに小林氏は黒柳見かけると、「君は、本当はいい子なんだよ」といつも言った。黒柳は「君は、本当はいい子なんだよ」といい続けてもらったことが、自分の支えになったと、本のあとがきで振り返っている

黒柳徹子の結婚歴は?




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です