綾瀬はるかの映画奥様は取り扱い注意の公開延期とネタバレは?ポルトガルロケ地は?


奥様は取り扱い注意の映画公開が2020年6月5日

になっておりますが、コロナウイルスの影響で実際に公開されるのか?


気になるところですね?アメリカのテキサス州では巨大な駐車場のスクリーンに無料上映して食べ物や飲み物でキャッシュレス販売して収益をあげているってことなので日本もこういうところは真似してほしいですね。

映画 奥様は取り扱い注意公開日は延期?

2020年4月5日現在、東京でコロナウイルスの感染者が毎日100名という人数で世間を脅かしています。自粛自粛でスタバや家電量販店などが休業する事態になっていますが密集する映画館の営業が6月の時点でどうなるのか?調べてみたのですが、 今のところ全国の東宝シネマの映画館は通常通り営業しています!なのでこの先緊急事態宣言が発令されるかどうかの瀬戸際だということなので何とも言えません!何とか終息してほしいものです。

奥様は取り扱い注意のネタバレ

ドラマで1話から10話まで放映されていましたが、最終回の終わり方が続編へ続く形だったので視聴者は早く続きが見たい!と思ったはずに違いないです。

そこで第10話のおさらいを

最終回10話を確認

奥様は取り扱い注意は

2017年10月4日から12月6日まで日本テレビの水曜ドラマとして放映されていました。近所の奥さん方の悩みを解決して助けてあげるのが菜美の役目で見ていて爽快になりましたね!

最終回(10話)のあらすじは

菜美(綾瀬はるか)は旦那として信じていた勇輝(西島秀俊)の本当の正体を小雪(西尾まり)から知らされたので怒りが爆発してしまいます。夜になって2人は戦いがはじまってしまうのです!

一時休戦

夫婦喧嘩の途中で2人の写真が落ちてしまい、我にかえった2人は一時休戦することにする。 勇輝は任務のために菜美に近づき、いつかは倒すつもりだったのが本気で菜美を好きになって愛している事実に悩み苦しむ自分のことを話した。勇輝は、“普通の主婦”としてドイツで暮らそうと言うが、菜美は簡単には承諾しなかった!

横溝撃破とモヤモヤ結末

優里(広末涼子)は横溝に対決しに行きながら、怪我を追って病院に入院することになってしまう! 本田翼がひとじちになるなか、優里の仕返しに横溝との戦いに勝って菜美が帰宅すると、勇輝は拳銃を発泡して最終回は終わってしまう!

視聴者の反応は?

あまりにも、予想外の結末にテレビを見ていた人は何で? 菜美は死んだの? どうして? と頭が混乱したしまったのでしょう!

皆さんやはり、モヤモヤしています。 https://twitter.com/I_AM_AKICHAN/status/938856485630513153?s=19

劇場版 奥様は取り扱い注意

帰ってきた綾瀬はるかに拳銃を突きつけるシーンから映画は始まる!


菜美は撃たれたのか?
果たして殺したことにして二人で逃亡したのだろうか?

劇場版 奥様は取り扱い注意 ロケ地はポルトガル

最終回から3年たって映画になって再度ドラマの続きがはじまるのてすが、今回はロケ地がポルトガルということで、内容がさらに、スケールアップして演技が楽しみになります。国を上げての戦いがはじまってしまうのです!

ポルトガルのリスボンという説もあるようですね!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です